車の廃車には2種類ある

廃車と一口で言っても・・・

車の廃車には2種類あるという事をこの歳になって初めて知りました。

 

きっかけは祖父の車を廃車にしようという話が出た時でした。祖父も高齢になって車に乗る事がまったくなくなり、ずっと乗っていた軽トラも駐車場に置きっぱなしになっていました。

 

 

軽トラなので気軽に荷物とかを運べて重宝していたため、車検を通していましたがさすがに乗る回数が少ないのに車検を通したり、自動車税を支払ったり、自動車保険を支払ったりとかなり維持費がかかるため、いい加減処分をしようと言うことになりました。

 

 

 

車の価値がないだろうと廃車に使用ということになり、調べてみたところ廃車には2種類あるという事をここで知りました。廃車というのは、永久抹消登録と一時抹消登録の2つがあるらしいです。てっきり廃車と言うとイコール解体だと思っていたのですが、そういう訳ではないんですね。

 

 

 

一時抹消登録では車の登録を一時的に止めておくことであり、その期間は車を行動で運転する事は出来なくなりますが、その分税金などが掛からなくなるそうです。

 

 

 

自動車税と言うのは車のナンバープレートがついれいるものに対してかかるものらしいので、一時抹消登録をしておく事で長期間車に乗らない場合などに無駄に税金を支払うことをしなくても良くなるそうです。

 

 

 

とはいっても、祖父の車は古いですし、永久抹消登録をしようと検討していたのですが、自分達で行うのは手間が掛かりそうなので、業者に頼もうかと探してみると、「どんな車でも無料で廃車」なんて広告がありました。

 

 

 

怪しいなーと思いつつもそのサイトを見てみると、多くの人がそこで車を廃車にしているらしく、優良そうな企業でした。

 

 

 

ネットの評判も上々でした。どんな状態の車では無料で廃車にしてくれるらしく、車の状態によっては買い取ってお金を逆に支払ってもらえるかもしれないんです。祖父の車は年式こそ古いものの、走行距離はそこまでいっていないですし、事故車でもないのでもしかしたら廃車買取として行ってもらえるかもしれません。

 

 

 

廃車にする車でもパーツごとに再利用されたり、部品などをリサイクルしたりすることが出来る為とても価値があるらしく、無料で引き取っても業者が損をする事はないそうです。

 

 

 

お金が掛かるかもと思っていた廃車が、まさか無料で、もしかしたらお金を支払ってもらえるかもなんて予想外でした。さっそく近日中にでも業者に連絡をしてみたいと思います。